母の婚活!

私の母は、現在53歳で、三回も結婚しています。最初はお見合い結婚で、あとの二回は結婚相談所で見事に旦那さんをゲットしました。二人の子連れであるにもかかわらず、母がなぜ何度も再婚できたかというと、それには理由があります。

特にすごい美人だったり性格が良かった訳ではありません。ただ、母は自分は可愛くて男の人にモテるタイプだと自分で勝手に思い込んでいたのです。思い込みの力は本当にあなどれません。

皆さんの前にも、顔立ち自体は対してきれいではないのに、いつもモテモテの女性がいるのではないでしょうか?やはり、勘違いであっても自分に自信のある女性は売れ残ることはありません。男性は、女性の顔を見ているようで実はあまりみていません。(逆に、女性は他の女性の顔立ちをたいへんシビアにジャッジしています)

ごく一部の本当の面食いをのぞいて、大抵の男性は、目の前のが美人であるか否かを雰囲気で判断しています。服装や表情が態度が可愛ければ、多少不細工でも年齢が上でも可愛い女性と思ってもらえます。男性は単純で、とても素朴です。

雰囲気に流されて、何となく相手を好きになります。女性はいつも完璧な自分を目指しますが、的はずれな自分磨きをするより、ちょっとダサ目でも女性らしい服を着て、自信満々でいたほうが婚活は絶対に成功すると思います。

最初で最後の婚活

これは私の体験談です。

小さい頃からお母さんみたいなお嫁さんになる事がずっと夢でした。早く結婚して子供と楽しく過ごしたいな、と夢見ていたものです。しかし、現実はそんなに甘くなかったのです。

26歳の時、遠距離恋愛をしていた彼と婚約をしたのですが、相手方に借金が発覚しなくなく婚約破棄となりました。焦りや不安からすがる思いでたどりついたのが婚活アプリでした。私はOmiaiというアプリとペアーズというアプリを利用していました。

どちらのアプリも女性は無料です。そしてフェイスブックと連携、身分証確認などされているため、迷惑な出会いはありませんでした。私の場合、全員で7人の方と直接お会いしました。年齢、住んでいるところ、趣味、すべて異なる方々でした。一人目の方にお会いするときは、緊張で良くわからないまま終わり、そのまま「今回はなかったことで…」とあっけなく終わってしまい、失恋に似た感情でいっぱいになってしまいました。

正直やっていくうちにどのように事を運んでいくのが一番いいか、自分にあっているかはわかってきます。諦めずに、マイペースに続けていくことが大切です。そして、自分が気になる点は、はじめからちゃんと聞いていくのも大切だと思います。

過去7人の男性に出会い、その最後に出会った彼こそ、私の人生のパートナーです。
共通する趣味はほぼないです。でも、一緒にいて楽しく会話できる、相手を思いやれるパートナーに出会うことができました。一時期、婚活をやめようと思っていたときもありましたが、きっと素敵な出会いが待っていますよ。