こういう婚活も、また結婚への道

婚活と言うと、割と最近から活発になってきたような感じのする単語ですが、実は同じシステムは古くから日本にあるものです。つまり、お見合いですね。

ある知人が、30歳直前に婚活を始めると宣言しました。私を含めた友人たちは皆、どこかの婚活サイトに登録するものだとばかり思っていたのです。がしかし、その後聞いたところでは彼女、週末ごとにお見合いをしていたのでした。

幸い親戚に、そういったことが好きな人がいたので、頼んでお見合いのセッティングをしてもらたのだそうです。お見合いと言っても、仲人がどうのと言うような堅苦しいものではなく、紹介してもらった相手と週末に会ってみて、気が合ったら付き合ってみると言う感じで、やっていたそうです。橋渡しに親戚の人が入っているので、相手の人の身分もしっかりしている人ばかりなので、安心だったとのことです。

実は彼女、男性に対して少々臆病なところがあったので、それもあって結婚が遅れていたのです。なのでこの形での、結婚候補紹介は気持ち的にも安心で良かったと言っていました。まあ我々友人も、いささか男性に臆病な彼女が婚活をしていると言うのは、ちょっと驚きだったのですが、こう言う事なら納得でした。

この婚活、おめでたいことに数人目の男性と意気投合出来て、しっかり実って婚約まで行ったと言う事です。こういうちょっと昔ながらの婚活も、取り入れてみるのはどうでしょうか。